プレゼントに最適なアーティフィシャルフラワーの主な特徴は?耐久性があるって本当?

当サイトではプレゼントに最適なアーティフィシャルフラワーの主な特徴をご紹介しています。
耐久性があるって本当なのか、という疑問を持っている人にも参考になるでしょう。
リアルな造花をギフトにするデメリットも、このサイトで解説しています。
メリットだけでなく注意する点も知っておくと安心です。
それからクオリティが高い造花を差し上げるときに一番人気の高いデザインについても、ご紹介していますので贈り物選びに役立つはずです。

プレゼントに最適なアーティフィシャルフラワーの主な特徴は?耐久性があるって本当?

芸術性の高いアーティフィシャルフラワーをプレゼントにするか、迷う人もいるかも知れません。
アーティフィシャルフラワーはポリエステル製やポリエチレン製の造花で、本物と見間違いそうな程リアルな質感が再現されています。
その素材から耐久性にも優れているという特徴があります。
生花やプリザーブドフラワーよりも輸送中に壊れるリスクが低いですし、生花ほど輸送中の温度変化に配慮する必要がありません。
プレゼントを配送して届ける際にも安心です。

プレゼントに人気のアーティフィシャルフラワーとプリザーブドフラワーの違いは?

フラワーアートにはいろいろな種類がありますが、その中でも近年人気上昇中なのがアーティフィシャルフラワーです。
このアートは人工素材で再現されたリアルな花や葉を使うのが特徴で、造花でありながら本物のようなクオリティを実現できるのが特徴です。
また、カラーや形状は自由に調整できるため生花には出せない芸術性を表現することも可能です。
花を使ったアートといえば近年はプリザーブドフラワーも人気ですが、これとの違いは生花を使っているか否かです。
プリザーブドフラワーの場合は生花に特殊な加工を施してから着色などを行うので、アーティフィシャルフラワーよりも自然の風合いが感じられるメリットがあります。
さらに、生花を使用しているにも拘らず特殊な加工を施しているため長期間綺麗な状態で保管できるのが特徴です。
いずれのフラワーアートも生花のような美しさでありながら長期にわたって綺麗に保存できるので、プレゼントに最適なアートだと言えるでしょう。

アーティフィシャルフラワーと生花の違いは?プレゼントに向いているのは?

アーティフィシャルフラワーと生花の大きな違いは生きた花か人工的に作った花かという点です。
前者は人工的に作られた花で、素材にはポリエステルやポリエチレンなどが用いられています。
これらの素材は加工しやすいため植物を細部までリアルに表現できるというメリットがあります。
また、発色にも優れているのでありとあらゆる植物の表現が可能となります。
場合によっては、生花よりも高い芸術性を表現することも出来るので、様々な場面で用いれば理想的なフラワーアートを表現することが出来るでしょう。
フラワーアートといえばプレゼントとして利用する人が多いですが、アーティフィシャルフラワーはプレゼントにも最適なアイテムです。
なぜなら、色や形が本物のように美しい上に水やり不要なので飾る手間が殆どありません。
加えて、長期間にわたって美しい状態が保たれるので長く飾れることもメリットです。
運搬時に形が崩れる心配もほとんどありませんし、バラバラにすれば他の作品に再利用することも出来るので、大切な人への贈り物にも最適だと言えるでしょう。

プレゼントに人気のアーティフィシャルフラワーはどんな素材でできている?

近年プレゼントとしても利用される機会が増えている「アーティフィシャルフラワー」は、生花ではなく人工的な素材で作られた高品質な造花です。
アーティフィシャルフラワーには主にポリエチレンやポリエステルといった素材が使用されており、他のフラワーマテリアルと比較すると高い耐久性を持っていることが特徴の一つです。
今まで造花というと安っぽいイメージが強かったですが、よりリアリティのある仕上がりで近年はブライダルブーケで使用されることが増えてきています。
アーティフィシャルフラワーは耐久性の高いものが使用されているので、折り曲げて使用できるなど生花よりも自由度の高いアレンジが行えることが最大のメリットです。
また季節を問わず好きな花をアレンジすることが可能なので、送る相手の好きな花をチョイスしてブーケにしたりアレンジメントにするといった使い方ができます。
給水不要であり、枯れる心配がないので美しい状態をいつまでも維持出来ることが魅力です。

アーティフィシャルフラワーをプレゼントするメリット

大切な人への感謝の気持ちを込めてお花を贈りたい時、生花を選びがちですが生花はきちんと管理していてもいつかは枯れてしまいます。
そこで注目されるようになったのが「アーティフィシャルフラワー」であり、いわゆる造花なので枯れる心配がありませんし、素材にポリエステルやポリエチレンを使用しているので高い耐久性を持っており、生花では難しい自由なアレンジが行えるのでより理想的な仕上がりにすることができることが大きな魅力です。
そしてアーティフィシャルフラワーをプレゼントに選ぶメリットは他にも、季節に関係なく好きな造花をアレンジに取り入れることができることが挙げられます。
生花の場合時期によっては仕入れられない品種もあるので、希望通りの花が使えない場合もあるので、プレゼントする方がお気に入りの花も取り入れることができる点が人気の理由です。
また給水が一切必要なく、虫を惹きつけるような香りもないので、定期的にホコリを取り除き直射日光が当たらない場所で管理していれば、簡単なメンテナンスのみで半永久的にきれいな状態を維持できるので、贈り物としてぴったりです。

著者:三田村晴夫

筆者プロフィール

大分県日田市生まれ。
プレゼントとしてアーティフィシャルフラワーをよく贈っています。
アーティフィシャルフラワーのプレゼントに関する情報を発信しています。
アーティフィシャルフラワーをプレゼント